夢が叶うまで、あと一歩。

断捨離をしたり、仕事を見直したり、試行錯誤して理想の生活に近づく努力をしてきたけれど、あと少し、あと少し何かが足りない。そのあと少しをブログを通して見つけていきたいです。

今日は、これからプチ断捨離

Sponsored Link

rr1-0311

私の仕事机の横にある、IKEAの3段トレーです。

1段目 筆記用具、よく使うもの 2段目 今日中に片付ける書類 3段目 好きな本

年度末ですので、限りなく仕事が入ってくる上、 予定外の作業もぽんぽん飛び込んできます。

この時期は、2段目の今日中に片付ける事を 控えめに設定して、余裕を持つようにしています。

3段目ですが、 以前は、2段目の次に重要なものを 置くようにしていたのですが、 窮屈な気分になるだけで、 効率UPに繋がりませんでした。

最近は、仕事の合間に間髪いれず 気分転換できるように、 好きな本を置くようにしています。

今、置いている本は、

ミニマリストブログ*少ない物ですっきり暮らす*で有名な、やまさんの 少ない物ですっきり暮らす

断捨離*の提唱者、やましたひでこさんの 見てわかる、断捨離

お二人は有名人ですので、 目の前にあるパソコンから いくらでも情報を取得することは可能ですが、 本から得る言葉というのは、 インターネットの何十倍も 胸に突き刺さり、心に残ります。

本について、書き出すときりがないので 割愛します。と言いたいところですが、 どうしても紹介したい一文があります。

やまさん P.67より

「私が幼い頃、きれいに整った部屋は、 母が家にいる証で嬉しかったもの。」

感動を通り越して、うわぁ、と思わず声が出ました。 我が息子たちの声を、やまさんを通して 聞いた気がしました。

そして、やましたひでこさん。

うすうす、いや、ネットでたくさん断捨離を 勉強して、知ったつもりでいたのですが、

断捨離とは、P.8より

「断」と「捨」を繰り返し、やがて「離」を悟る

言わば、精神論です。

だから、本来、 「今日はいい天気だから、断捨離しよう。」 みたいな、使い方はおかしいんですね。

「今日はいい天気だから、ミニマリストしよう。」 と言わないですもんね。

でも、断捨離という、あまりにも完成度が 高いキャッチーなフレーズ、 ついつい会話でも、このブログでも 断片的に「断捨離」という言葉を 乱用し続けておりました。

深く反省しております。

そう言いながら、プチ断捨離って? という都合のいいお話ですが、

日々、断捨離。

という気持ちを忘れずに継続していれば、 いつもより、気合いを入れて片付けする時に、 断捨離をいう言葉を使ってもいいのではないかと、 勝手に、良い方向に解釈しております。

こんまりさんの本に出会って4年、

片付け初心者からようやく中級者かな、 と自負していた所ですが、 新たな視点で、もう一度、 1からものと向き合っていこうと思います。

さて、本題を忘れるところでしたが、 2冊の本を読んで、気合い十分、 今から夕方まで無心に片づけをしようと思います。

そんなわけで、今日は簡単なブログで 済ませるつもりが、ついつい長文に(笑)

それでも、年度末のこの時期に、 ブログを書いたり、断捨離したりする生活が できるようになったのは、 片づけを日常にするという事に導いてくれた、 こんまりさん、それに続く、断捨離、ミニマリストの 実践者の方々、皆様に感謝です。