夢が叶うまで、あと一歩。

断捨離をしたり、仕事を見直したり、試行錯誤して理想の生活に近づく努力をしてきたけれど、あと少し、あと少し何かが足りない。そのあと少しをブログを通して見つけていきたいです。

詰替え容器やディスペンサーをまるごと洗浄する方法

Sponsored Link

rr1-0305

我が家には、

シャンプー、手作り化粧水、マウスウォッシュ、 ハンドソープ、食器用洗剤、液体調味料、、

と、詰替え容器がたくさんあります。

初めて、ポンプ式の詰替え容器を購入しようと決めた時に、 ボトルだけではなく、細かいパーツも清潔に保てる方法はないかと 色々考えましたが、

楽に、安心してボトルを再利用できる方法は 塩素系消毒液に全てのパーツをつけ置きするのが一番かな、 という結論に達し、 長くこの方法を続けています。

塩素系消毒液といえば、次亜塩素酸ナトリウムです。

この時期流行る、ロタ、ノロ、インフルエンザに 効果がある消毒剤で、 どの家庭にもある、キッチンハイター、カビハイター、ドメスト、 ミルトン、等々です。

この中から、割高にはなりますが、 我が家は、錠剤のミルトンを使用しています。

錠剤のミルトンの良い所は、

1、保管に場所をとらない 2、長期間の保管が可能(液体だと濃度が変化する) 3、消毒後、水洗いの必要がない 4、液体よりも割安

ミルトンは、哺乳瓶消毒剤で、 子供たちが、離乳食の頃までは、 毎日のように使用していましたが、

大きくなってからは、週末に水筒を消毒したり、 急な病気で、食器の消毒が必要になった時だけしか 使用しないので、錠剤の方が使い勝手が良いです。

子育てが終わった方や、こどもがいらっしゃらない方は わざわざ購入するのも、と思われるかもしれないですが、 災害が起きた時に、消毒液は大量に必要になるので、 災害グッズとしてもお奨めで、 我が家は多めにストックしています。

液体のように微調整ができないですが、 必要な時は、キッチンハイター等他の製品を活用しています。

前置きが長くなりましたが、

詰替え容器のまるごと洗浄の方法です。

1、ボトルを水洗いする 2、ポンプの場合、ボトルに水を入れて綺麗な水が出てくるまでプッシュする 3、他の細かいパーツを水洗いする 4、使い捨て手袋をつけて、消毒液に漬け込む 5、消毒液の中で、ポンプを数回押して、ポンプの   内部に消毒液が通るようにする 6、1時間つけ置きする 7、取り出して、自然乾燥させる。ポンプの中の消毒液は出し切る 8、表面が乾いたら、新しい液体を入れて使用する

ミルトンの消毒液は、24時間以内なら 繰り返し使用できるので、 なるべく水筒の消毒が終わった後に詰替え容器の 洗浄ができるようにしています。

詰替え容器に塩素NGの材質が使われている場合は この方法での消毒は不可です。

我が家は、透明や白、ガラスの詰替え容器がほとんどで、 無印良品や、キッチン系の詰替え容器等 今のところトラブルはありませんが 参考になさる方は、 どうか自己責任で宜しくお願いします。

↓バスルームの詰替え容器、私用はハユールの 白かクリアに決まりそうです。