夢が叶うまで、あと一歩。

断捨離をしたり、仕事を見直したり、試行錯誤して理想の生活に近づく努力をしてきたけれど、あと少し、あと少し何かが足りない。そのあと少しをブログを通して見つけていきたいです。

しまじろうが届いたら。IKEAのクリアボックスで教材に興味を持つ工夫

Sponsored Link

a10-0226

ベネッセの教材「しまじろう」の管理について 質問を頂いたタイミングで、ちょうど3月号が届きました。

長男6才 こどもちゃれんじ じゃんぷ 次男4才 こどもちゃれんじ ほっぷ

です。

※今月は、大きなエデュトイ(教材おもちゃ)が無かったので IKEAのボックスが大きく感じます。。

a11-0226

年齢が上がるにつれて、「遊び道具」というよりも 「教材」という印象が強くなってきましたが、 我が家の場合、届いた時の「わくわく」の大きさが、 一カ月の頑張りの大きさと連動しているように感じます。

こどもたちが、外から帰ってきた時にすぐに見つける事が できる場所に、 長男用と次男用、中がよくみえるクリアボックスにいれて 置いておきます。

a3-0226

IKEAのボックスの中ですが、 まず、それぞれの教材を全部取り出し、

そこから、広告や保護者向けの冊子を抜き取ります。 こどもたちが、手に取った時に、 まずは、これから始めたいという要求にすぐに 対応できるよう、 このタイミングで、絵本やエデュトイを一通りチェックしておきます。

a2-0226

トラコミュ - - - しまじろうと子育てと

a31-0226

ちょっとした事ですが、 ふたを閉めておくと、開けてみたい! という衝動にかられるようです(笑)

次の教材が届くまでは、 このIKEAの箱で1月分を管理しますが、

a33-0226

その後は、同じIKEAの箱に、 過去のエデュトイをまとめて収納しています。 兄弟それぞれ、 ・今月のしまじろうボックス ・過去のしまじろうボックス と2つ管理しています。

おもちゃの収納といえば、

過去記事: squ+でおもちゃの収納1 squ+でおもちゃの収納2 squ+でおもちゃの収納3 squ+でおもちゃの収納4

我が家は、ほとんどのおもちゃをsqu+に収納しているのですが、

しまじろうは「教材」 他は「おもちゃ」

という意識を持てるよう、 こどもたちにわかりやすいようにボックスで 区別をつけています。

それと、IKEAとsqu+、どちらもクリアボックスですが、 IKEAは、透明に近いクリアですので、 箱の外から中を確認したいものを収納する時に使いやすく、 squ+は、なんとなく中のものが知りたいけれど、 見え過ぎるのはちょっと、、というような細かいものの収納 にと使い分けています。

長く使っているエデュトイで、 他のおもちゃと同じように使えるもの、 例えば、おままごとセット等は、 おもちゃと一緒に管理しているものもあります。

a34-0226

絵本、ワークブック類は、 絵本棚の右下に、 長男、次男とわけて収納しています;

「教材」は、その時の成長に必要な旬のもの、 という思いがあり、古くなってきたものは、 処分しています。

ちなみに、こどもたちが毎日使う文房具の管理の 仕方を変えました。

次男が小さい時は、ハサミやテープカッターが入った ケースは、開けにくいものを使用し、 ロックのかかった棚に収納して、 使う時だけ出してくるようにしていましたが、

今は、本棚の上に、まとめて こちらもIKEAのボックスに収納しています。

↓参加しています↓

トラコミュ - - - しまじろうと子育てと トラコミュ - - - 育児 トラコミュ - - - 男の子のママ・パパ トラコミュ - - - 子供のおもちゃ、収納 トラコミュ - - - 収納・片付け