夢が叶うまで、あと一歩。

断捨離をしたり、仕事を見直したり、試行錯誤して理想の生活に近づく努力をしてきたけれど、あと少し、あと少し何かが足りない。そのあと少しをブログを通して見つけていきたいです。

マスキングテープで障子の補修

Sponsored Link

[caption id="attachment_132" align="alignnone" width="300"]photo photo1[/caption]

[caption id="attachment_133" align="alignnone" width="300"]photo photo2[/caption]

[caption id="attachment_129" align="alignnone" width="300"]photo photo3[/caption]

[caption id="attachment_130" align="alignnone" width="300"]photo photo4[/caption]

[caption id="attachment_131" align="alignnone" width="300"]photo photo5[/caption]

 

長男が1歳の頃、最初の障子紙を破りました。 張りなおしてもらう時、 プラスチックのものを希望しましたが、 紙製の一番丈夫なもので十分というアドバイスを頂き そのようにしました。

しかし、次男が棒状のおもちゃで障子をたたき、 おもちゃの上に長男が乗っかり、 簡単に破れてしまいました。 貼りなおしても、同じ事の繰り返しですので、 息子たちが大きくなるまでは、自分で修正することにしました。

右は、すでに修正済みです。穴が小さかったため簡単でした。 今回は、左側の大きな穴です。 寄せてもうまく穴が閉じない為、和紙を使おうか迷いましたが、 これ以上放置しておくわけにもいかず、 4種類のマスキングテープで穴埋めしました。

しばらくはこの方法で乗り切ろうかと思います。